データ形式について

[vc_row][vc_column width=”1/1″ css=”.vc_custom_1449367185151{padding-right: 210px !important;padding-left: 220px !important;}”][vc_custom_heading text=”DATA FORMAT & SIZE” font_container=”tag:h2|font_size:24px|text_align:center” google_fonts=”font_family:Raleway%3A100%2C200%2C300%2Cregular%2C500%2C600%2C700%2C800%2C900|font_style:600%20bold%20regular%3A600%3Anormal”][vc_empty_space height=”60px”][vc_column_text css=”.vc_custom_1456747283208{border-right-width: 0px !important;padding-left: 0px !important;}”]

データの納品に関するご案内

この度は、ご利用いただきありがとうございます。
ロゴの用途にあわせてデータ形式・仕上がりサイズをお選びいただけますと幸いです。

■各データ形式のご説明

ai

印刷物などに使われる形式です。illustrator(デザイン用の専用アプリケーション)で編集が可能です。

 

eps

illustratorやPhotoshop(写真加工用の専用アプリケーション)などで編集が可能な形式です。こちらも印刷物に使えます。

 

pdf 

Acrobat Readerがあれば開くことができる形式です。Illustratorで編集も可能なので印刷物にも使えますが、一部の情報が失われてしまいます。

 

jpg

一般的な画像の形式で、多くの色数を必要とする画像、グラデーションがある画像に向いています。iPhoneで撮影した写真や、ウェブサイトに掲載されている写真は主にこの形式になります。印刷物には向きません。十分な画像サイズであれば、ご家庭のプリンタで印刷することが可能です。

 

png

ウェブに適した形式です。フルカラーにするとJPEGよりファイルサイズが大きくなりますが、色数の多い画像にも、単色・平坦でシンプルな画像にも使える形式です。印刷物には向きません。

 

gif

ウェブに適した形式です。単色・平坦でシンプルな画像に向いています。逆に写真やスケッチなどの多くの色数を必要とする画像には不向きです。一般的には軽い画像に仕上がります。印刷物には向きません。十分な画像サイズであれば、ご家庭のプリンタで印刷することが可能です。

 

※他のツール(名刺、シール、DMなど)に展開することをお考えでしたら、専用アプリケーションで編集可能なai, eps, pdf から1点お選びください。仕上がりサイズ指定は不要です。

※SNSのアイコンやウェブサイト用には、jpg, gif, pngからお選びください。ご希望の仕上がりサイズをご連絡くださいませ。(ご自身で拡大縮小されると画像が荒くなる場合がありますため、できるだけ仕上がりサイズをご指定ください)

 

——–

 

■SNSやウェブサイト向けの形式と、印刷用の形式の両方をお選びいただくのがおすすめです

印刷用の形式のデータがあれば、後々にショップカードやシールなどの印刷物を制作する際に重宝します。

おすすめの組み合わせ例:ai(印刷物用)、gif(ウェブサイトのロゴ用サイズ)、gif(Instagram用サイズ・正方形・640×640 pixel)

 

——–

■SNSのプロフィール画像サイズについて

下記のリンクをご参照ください。

ご指定サイズに合わせ、トリミングを調整した画像をご提案させていただきます。

<SNSのプロフィール画像のサイズ>

http://blog.comnico.jp/we-love-social/social-media-image-sizes-guide[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA